どれくらい買取額が下がるんだろう

「バンパーをこすってしまった」といった小さな傷から、電柱へぶつけて、大きな凹みができたなどキズや凹みはどうかんがえてもマイナス評価となります。

「あーどれくらい下がるんだろう? 直してから査定に出したほうがいいのかな?」

となりがちですが、修理にかかった分、買取額がアップするなんてことはなく、むしろマイナス評価額よりも高くついてしまいます。

そのため、何も手を加えずにそのまま査定に出したほうがいいいと言えるでしょう。

買取業者は慣れっこです

よほどのキズや凹みではない限り、買取店は毎日何台もの同じような車をみているため、 慣れっこです。

また、自社で板金工場を運営しており、格安で板金修理や塗装が可能なため、買取店側としてもそのまま査定に出してもらいたい、というのが本音です。

どうしても気になるなら

「本当に修理額よりもマイナス査定のほうが低くなるのかな?」とどうも信じられない・・・

といった方は、一度無料出張査定で愛車の状態を見てもらい「これって、修理にだそうと思うのですが、どうですか?」と査定担当者に質問してみるといいです。

断言はできませんが、ほとんどの担当者が「このままでいいですよ」と言うはずです。

中古車の買取相場は水物で、流れが非常に早く、アップダウンが激しいです。

お客さんが修理している間に、相場が下がったなんてこともないと言えませんしね。

どちらにするかは、もちろんあなたの自由ですよ♪

関連記事